Microsoft Ignite(Day2)

pic42
昨日のブログが予想以上に好評なので、ならば行けるところまで行っておけ。 はい、2日目です。
実は、セッションは最後の最後まで増え続け、なんか会場変わったり、後から出てきたのに興味があって追加していたりしたら、物理的距離や時間で移動ができないとか、そもそも時間かぶってますよで少しセッションが増減。

【Transform yourself and build your IT cloud career path】
pic43pic44
クラウド時代のキャリアについてのグローバル版です。
日本でのこの手の話は、特にメーカーがする話は全く現実味がなく、ユーザーの話の場合は成功者を崇める感じがして、これまた違った方向に現実味がないと思ってからは一切聞いていなかった。 私も話をする立場になったことはありますが、より現実味を出してお話しするということの難しさを目の当たりにしています。 さて、グローバルではどのようなアプローチか。

pic45
DevOpsの例がよかった。
別にDevOpsに特化した話ではなかったけど。 で、日本では何一つぴんと来ないキーワード。 Igniteではチーム開発という言葉を聞く。 VisualStudioなどを絡めたインフラ、アプリ、デベロッパーの効率化。 日本の場合は、メーカーやベンダー、自称専門家が一方的に話をして、割と私のような規模の会社やユーザには刺さらないのですがこうやって潔いと少なくとも理解はできる。 特に今回目から鱗だったのはアウトラインを社員が話して、あとはユーザーに登壇いただきパネルディスカッションという形だったことで、それぞれのロールの「実際に現場にいる」社員が語っていた。

pic47
クラウド時代におけるロール(社員の役割)をきちんとわかりやすく定義。 もちろんこれまでの役割との違いを明確化し、ソフト、ハード、デバイスを管理する、プロダクト(データベースやデータそのものの)技術的なスキルなどを挙げていっていた。 さらには、どやってチャレンジするか、どうやって変わるかなど、トランスフォーメーション(変革)というテーマにおいて非常にわかりやすかった。 理解できなくてもできなくてもできなくても諦めず参加してよかった。

 
【Drive transformative change with advanced analytics in Cortana Intelligence Suit and Microsoft R】
pic49pic48
コルタナさんの分析について。 音声コマンド的なアプローチは、これからの技術の一つであると思っています。 これは、何も最先端の開発などといった話ではなく、例えば、障害対応とか、オペレーションの傾向とか、普段の日常でも使われる日が来るのではないかと思います。

まずはMicrosoftで実現できる分析計ツールのポートフォリオ
-Bigdata : HDInsig/Spark
-R Based analytics : Microsoft R
-Cloud analytics : Azure Machine Learning
-Analytics APIs : Cognitive Services
-Finished Apps : Solutions

言語的な中でのRの位置づけ
Open Source R is not Enterprise Classということで、Specturm Rankingでは、1.C,2,Java,3.Python,4.C++に次いで5番目がRとのことらしい(毎年ランクを上げている)

データの入り方と利用の仕方までのプロセス整理、アクションの仕方、R自体のロードマップ、忘れがちなAzure Data Lake

そしてまさかの・・・・
pic50
昨日のInnovation Keynoteで発表されたLOWE’S、HOLOLENSを利用したデモで、わかっていながらでも驚いたソリューションでした。 ここではなんとそのアーキテクチャや、少し詳細なお話を聞くことができました(開発に参加したか、手伝いをしていたようです)
pic51pic52

 

【Master Windows 10 Deployments – Expert Level】
pic53
時間が空いたのでふらりと立ち寄ったセッション。 たまには自分に全く関係のない分野を聞くのもよいかと思いまして(本当に関係ないのならSkypeとかにしておけばよかったとも思うw)
さて、このセッション、驚きました。 SystemcenterでOrchestrationでRunBookをデモで作りながら、PCを起動させた際にPXEで自動セットアップという内容です。 単なる情シスのWindows10 Tipsかと思ったら大間違えでした。 サーバサイドの技術としても十分にやって行けそうです。 もちろん、ADやDNSなども含めてMSプロダクトだからよりシナジーが出るというのは言うまでもありませんが、ここまできちんと統合管理されるのであればすごい。
pic54

 

【Review Microsoft Azure Stack with Jeffrey Snover and Mark Russinovich】
やっとMAS(Microsoft Azure Stack)ですね。
pic55pic56
そしてもう一つのやっと。 現地(アトランタ)で初めての日本人と(それも高添さん)一緒です(前に一度すれ違った程度はありましたが、きちんと話せたのはこれが最初) 開始前に会場の雰囲気を撮影していたらあまりにも私が緑色だったからなのか気が付いて声をかけてくださいました。

肝心な内容は、、、私自身もまだAzureStackが理解できていないところもありますが、まずはMicrosoft Hybrid cloud platrormの説明から入り、デモでは、実際のAzureとオンプレのAzure Stack両方利用されているところを、わざわざオンプレ側はオラクルにして、仮想ECサイトを立ち上げ、わざわざPowerShellのTシャツを買ってトランザクションを確認するというもの。 よほどPowerShellが好きなのか、会場中笑いの渦。

ほかにもInfrastructure as Code部分のデモでもPowerShellだけではなく、わざわざGitとJenkinsを利用するなどのこだわりっぷり。 確かに(あぁ、そういう使い方するよな)と思った。

 

【Learn how Microsoft migrated from on-premises to the cloud】
pic57
オンプレミスの現状と将来のお話し。 Microsoftはハードウエアもオープンにしていくという方針なので、この辺りはMicrosoft=Windows Serverなどといった概念にとらわれている人は、差がつく一方かと思います。 やや概念的な部分も多かったのですが、なぜMicrosoftがここにアプローチしたがっているのか「今」こうなっておりまして、「オンプレ」から「ハイブリッド」このハイブリッドは、一つのシステムやサービスをオンプレクラウド併用にとらわれず、企業としてオンプレもクラウドも利用していることという意も含みそうなすみわけで、さらにワークロード的にはこのように分かれていく。。。 と、言った形でかみ砕いて説明をしていた。 個人的にはいきなり視界か開けたわけではないけど、いくつかのキーワード、表現力は参考になる部分があった。
pic58

 

今回、ProじゃないSurface3を持参していますが、やはりUSB給電は最強かと思います。 会場ではほとんど見かけません(唯一見かけたショット) それどころか、たまに「そのサーフェス、4かい?」(英語)と話しかけられる始末です。 MSさんはSurfaceBookとかいいからこのような薄くて軽くて便利なモデルのスペックを上げていってほしと願ったり。 ちなみに、ハンズオンではVSがインストールできず概要だけ聞いて断念の私w
pic46

 

え、明日? 明日は書かないよw

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *